memo

思いついたこと、やってみたことをテキトウに残していく。

HEAD / archives / 2010-12 / 2010-12-24.rst

udev のバージョンを上げたら systemd がディスクを mount してくれなくなった

udev のバージョンを 164 から 165 に上げたら、起動時に

Starting Miscellaneous basic configurations...
Starting udev Kernel Device Manager...
Starting udev Wait for Complete Device Initialization...

の後しばらく反応がなくなり、その後(タイムアウト後?) systemd が ディスクの mount に失敗するようになってしまった。

起動後に手動で mount コマンドを実行するとちゃんと mount できる。

initrd を作り直してみたところ、正常に動作するようになった。

gzip -dc /boot/initrd | cpio -tv | grep udev すると色々出てくるので、 古い udev が initrd 中に残ってしまったせいで不整合が起きた、 ということだったのかな。

powered by blikit