memo

思いついたこと、やってみたことをテキトウに残していく。

HEAD / archives / 2012-08 / 2012-08-26.rst

systemd と startx と session 管理

Session 管理っていうのは一般ユーザーでも shutdown 出来るようになったりするアレ。 昔は ConsoleKit がやっていたのだけど、今時は systemd (systemd-logind) がやるようになっている。

で、 GDM 等を使わず console から startx しているような場合、 ConsoleKit 時代は .xinitrcck-launch-session xmonad というようにして window manager を起動すればよかったのだけど、 systemd にはそういったものは付属していない。

そのような場合は、ログインした TTY 上で X を走らせればよいようだ。

http://blog.falconindy.com/articles/back-to-basics-with-x-and-systemd.html

上記 blog 記事では xinit コマンドを使う方法や .xserverrc を利用する方法が書かれているが、 startx -- vt1 というように startx コマンドの引数から TTY を指定する方法でもよさそうだ。

powered by blikit