memo

思いついたこと、やってみたことをテキトウに残していく。

HEAD / archives / 2012-09 / 2012-09-11.rst

mozc のビルドがコケる

mozc-1.6.1187.102 のビルドが、以下のようなエラーで終了する:

....
  AR(target) out_linux/Release/obj.target/prediction/libprediction.a
  AR(target) out_linux/Release/obj.target/rewriter/librewriter.a
  LINK(target) out_linux/Release/mozc_tool
x86_64-pc-linux-gnu-ld: unrecognized option '-pthread'
x86_64-pc-linux-gnu-ld: use the --help option for usage information
make: *** [out_linux/Release/mozc_tool] Error 1
make: *** Waiting for unfinished jobs....
Traceback (most recent call last):
  File "build_mozc.py", line 1442, in <module>
    main()
  File "build_mozc.py", line 1430, in main
    BuildMain(cmd_opts, cmd_args, original_directory_name)
  File "build_mozc.py", line 1081, in BuildMain
    BuildOnLinux(options, targets, original_directory_name)
  File "build_mozc.py", line 912, in BuildOnLinux
    RunOrDie([make_command] + build_args + target_names)
  File "/var/tmp/paludis/build/inputmethods-mozc-1.6.1187.102/work/mozc-1.6.1187.102/build_tools/util.py", line 97, in RunOrDie
    '==========']))
build_tools.util.RunOrDieError:
==========
 ERROR: make -j4 MAKE_JOBS=4 BUILDTYPE=Release builddir_name=out_linux mozc_server mozc_tool mozc_emacs_helper ibus_mozc mozc_renderer
==========

端末から同じ手順をたどると問題なくビルドできるが、 .exheres-0 を書いて paludis からビルドするとエラーになる。

どうやら環境変数 LD がセットされているとデフォルトで使われる g++ の代わりにそちらが使われるようで、 そして普通 LD に入っているであろう ld だと上記のエラーが起きる。

という事で、 LD を unset するようにして解決した。

powered by blikit