memo

思いついたこと、やってみたことをテキトウに残していく。

HEAD / archives / 2018-07 / 2018-07-30.rst

flatpak を使って python application をパッケージングしてみる試み、その3

前回 は lxml のビルドにコケるのでしょうがなく自前で runtime を用意するということをしたのだけど、 現在は wheel が提供されるようになったので、そのような頑張りは不要となった。

ということで このような yaml を用意した上で、 flatpak-builder を実行すれば普通にアプリケーションがビルドできる:

$ flatpak-builder ../konnyaku-build org.u7fa9.konnyaku.yaml

ビルド後に --run オプションを付けて再実行すると、アプリケーションの動作確認が出来る:

$ flatpak-builder --run ../konnyaku-build org.u7fa9.konnyaku.yaml konnyaku

問題無さそうなら --repo を指定して、ビルド結果を repository に書き出す:

$ flatpak-builder --force-clean --repo=~/repos/flatpak/u7fa9.org ../konnyaku-build org.u7fa9.konnyaku.yaml
powered by blikit